日本ポールウォーキング協会 NPWA

新型コロナウイルス感染症に負けない、高齢者の健康を守るメッセージ

(2020年6月2日更新)

「東京大学 高齢社会総合研究機構」より、
『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に負けない
高齢者の健康を守るために伝えたいこと
高齢社会総合研究機構からのメッセージ
おうちえ』
が公開されています。

シニアのための「おうち時間」を楽しく健康にすごす知恵が多く掲載されており、
中でも「自分にあった運動」の継続が大切だと明記されています。
「運動」「社会参加」が同時にできるポールウォーキングは、シニアの方々にも続けやすい運動と言えます。
インターネットに不慣れな高齢の方にも見やすい資料が無料で利用できます。
ぜひ資料をご覧いただき、ご活用ください。

「おうちえ」

緊急事態宣言の解除地域での体験会・セミナーについてお願い

(2020年5月15日更新)

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために日本国政府より発令されました
緊急事態宣言が一部地域で解除されました。

つきましては、緊急事態宣言が解除された地域での「資格取得セミナー」と「体験会」の自粛は解除いたします。
開催される際は感染防止策を十分に行い、
県をまたぐ移動は極力避けて下さい。

緊急事態宣言が継続している地域の皆様には、
引き続き活動の自粛をお願いいたします。

シクミネットの廃止について

(2020年5月15日更新)

2020年4月より、シクミネットによる会員管理システムを廃止しております。

5月末日をもってシクミネットへのアクセスは出来なくなります。
ご了承頂きたくお願い申し上げます。
なお資格取得を希望される会員様は、問い合わせフォームよりお申し込みください。

ポールウォーキングとは

ポールウォーキングは、専用ポールを持って歩くことで、正しい姿勢のまま歩幅を広げてバランスよく歩けるようになります。
上半身も積極的に動かすことにより全身運動となり、運動効率もアップ!



さらに上半身と下半身がねじれあう回旋運動により、体脂肪燃焼とインナーマッスルが強化され、しなやかボディメイクも可能にした効率的な新しいウォーキングスタイルです。

年齢を問わず誰でも楽しみながらできます。

せっかくのウォーキング。上半身を遊ばせておくなんてモッタイナイ!

ポールを持って歩くと

歩数が広がり

重心の上下動と体のねじれ動作が加わり

継続的に行うことにより健康アップにつながり、
若返り効果も期待できます。

正しい姿勢のまま歩幅も広がり、理想のウォーキングスタイルで「しっかり運動」が可能となります。

  1. ポールを持たない状態
    わるい姿勢(猫背など)でのウォーキングは運動消費量も少なく、効果も半減。
  2. ポールを手に持つだけで
    背筋がスッと伸び、左右バランスのとれた正しい姿勢になります。

正しい姿勢でウォーキングができるので、運動効果が大きくなるのです。

ポールウォーキングに期待できる効果

「より短時間で」「安全に運動効果が得られる」効率の良いウォーキングスタイルが遂に実現しました!

健康維持でウォーキングを楽しむ人には・・・

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: w-pw01-3.jpg
  • 上半身も使った全身運動なので、通常ウォーキングと比較して20〜30%増の運動効果。ダイエットにも効果的。
  • メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)とロコモティブシンドローム(運動器症候群)の予防と改善。
  • 正しい姿勢を保持して歩幅も広がり、左右の筋バランスが整い効果倍増!
  • 首や肩周りの血行を促して肩こりも改善。
  • ポール体操で手軽に、安全にウォーミングアップ。
  • 筋力・筋持久力・柔軟性の向上。

リハビリ中の方や足腰が弱まっている方には・・・

  • 骨粗鬆症の予防と改善。
  • 足腰への負担を軽減。
  • 転倒予防と身体バランスの改善、筋バランスの改善。
  • 起立&歩行の安定性獲得と運動器の機能改善。

ポールウォーキングは、軽度の股関節症と診断された方にも安心して実践できるエクササイズです。
また、代謝を高めるだけでなく、肩頸腕部の疾患予防や体幹筋群の強化にもつながります。
さあ今日から健康づくり第一歩としてウォーキングを始めましょう!

もっと知りたい!ポールウォークとノルディックウォークは

動画で学ぶポールウォーキング